ベトナム、ハノイ食の旅①

「シンチャー」覚えたのはたった一言。こんにちは、こんばんは、を含む、どうも~的な挨拶。

ベトナム人の友人タムちゃんの旧正月の帰省にのこのこと付いて行った、日本人3人。

気候は冬、かといって日本のように寒くも無い。春?秋?程度。ちょっと肌寒いから、バカンス気分を味わいたい人にはホーチミン(南ベトナム)のほうが良いかもしれません。

とにかく!ハノイは美味しかったー♪毎日食べても飽きなかったのは本当にありがたい。主食は米(ベトナム米)、米の麺だから。味付けは塩に醤油、魚醤と、口にあう。しかもハノイは中国の下だから、あまりスパイシーさは無く子どもでも食べやすい。思い出すとよだれが出てくる・・・(^^;)

DSC09349_1 DSC09337_1

ご飯を食べたのは、ハノイ市内のレストランや村の民家、それからタムちゃん家。観光客にはフランス人も沢山いました。さすが130年フランスの植民地下にあっただけある。「こんにちは、私は日本人です。」ってフランス語で言ったら、「こんにちは、私の名前は~です。」って日本語で返ってきた。。。

春巻き、美味しい~!ちょうど昨日TVでIMARUちゃんがベトナムを訪ねてましたね。(こんな所に日本人)

DSC09338_1

ある、村の風景。

建造物はヨーロッパ調。アルファベットはフランス語と似てるけど発音はアジア。昔は漢字だったみただけど、ほとんどの人が読み書きが出来なくて、フランス人がベトナムアルファベットを作って教育をし現在に至るそうです。

 

まだまだ書き足らない「ベトナム、ハノイ食の旅」は、パート②に続く☆


2016-02-06 | Posted in Blog【日々のこと】, No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA