和菓子教室~ワークショップ~

先日はハーバリウム作り、今週は和菓子教室と夏休み期間を利用してワークショップを開催しています。前後しますが、和菓子教室の報告です。
講師を務めて下さったのは、熊本駅近くにあります老舗「きくもとや」4代目 村上賢太郎さんです。卜部シェフのご友人で、この夏、念願の開催となりました!!!洋菓子教室よりもややレアな和菓子の世界。そんな和菓子に興味を持った、小学生に中学生、大人たちが集まり実習式での手作り体験。

「和菓子と洋菓子の違いは何だと思いますか??」と、語りだす村上シェフ。みんな興味深々。

答えは・・・ない。

とは、いいませんがはっきりとした明確な決まりがあるわけでは無いそう。ひとそれぞれ意見はあるかと思いますが、和菓子は洋菓子に比べ、とてもシンプルである事。

それだけに、今回使用した食材も3年寝かせたさつま芋に、同じくらい寝かせた豆を合わせた「鬼さつま」。
こだわりの白玉粉でこね上げた「月見団子」。タレのつなぎは葛粉と贅沢。
生菓子1品。

計3品を作ってもらいました。

家庭用のコンベクションの威力が弱く、なかなか火が入らない事件!などありましたが、16時 ようやく無事終了する事が出来ました。試食後は多めのお土産を持って、満足そうにみんな帰って行った様子。
お父さんや兄弟に♡

  

 

特に練り切りを作る子ども達は、とても楽しそうで印象的でした。

「いやー、私も勉強になりました。」と、言って帰って行かれた村上シェフの言葉に感動。謙虚・・・( ゚Д゚)

教える側、教わる側、お互いに刺激し合うワークショップ。そんなんで、私が一番お勉強させていただいます。

 

きくもとやHP→http://www.kikumotoya.com/


2017-08-24 | Posted in Blog【日々のこと】, イベントNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA