ママン通信「フライパンの選び方と買い替え」

フライパンの寿命はご存知ですか??

テフロン(フッ素加工)の場合、最近フライパンがこびりつくな、滑りが良くない気がする、これがシンプルに買い替えサイン。使えなくなったわけではないから迷いますよね。

生徒さんからも多い質問で、高いフライパンの方がいいですか?

答えはYes

色々なメーカーさんのサンプルなどを使ってきましたが、ほぼ比例するといったところです。

1000円を切るような安価なフライパンの寿命は短め+焼きムラが大きいのが特徴。

3000円を超えてくると、業界では高級フライパンと呼ぶらしいのですが(メーカーさん談)同じフッ素加工でもフッ素の質が違うから、長持ちします。

○○加工・・・ △△コート・・・

焼きムラも少なくなりますが、少し重たくなります。

言い換えると、重ためのフライパンは綺麗に熱を伝える事が出来ます。

素地はアルミの物が多いですから、たとえテフロンがはがれて使いにくくなっても、しっかり温めて使う事により使い続ける事は可能です。アルミフライパンを使っていると思えば使えない事もありません。

あれ?でもちょっと待ってくださいね。

アルミや鉄のフライパンが使いずらい、お手入れしにくいから、テフロンを選んだんですよね?

という事はそのフライパン、買い直しの時期がきているのかもしれませんよ。

結論から、安価なテフロン加工のフライパンの場合は1年を目途に買いなおす。高級テフロン加工のフライパンは物にもよりますが、2~年を目途に買い替えをオススメします。教室ではキャスティノの26cm 3000円位のものを使用していますが、コストパフォーマンスが良い感じです!

買いなおすのもったいない!!いやだ~ って方には、鉄製やアルミ製など色々ありますので試してみるのいいかもしれません。上手くつき合えば一生使える優れものです。

私は鉄を使っていますが「極シリーズ」を愛用しています。昔の鉄フライパンより軽く、お手入れも楽。テフロンパンのように自分の都合には合わせてくれませんが、育てる感覚で使うのもまた楽しいですよ^^

Follow me!


2020-07-17 | Posted in Blog【日々のこと】No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA