憧れの、

北京ダック。

TVで北京ダックを中国人シェフが作ってるシーンをみてカッコいいな~なんて思った時がありました。そこで、竹原シェフにリクエスト。

が、しかし、でした。ものすごく手間がかかるのだとか。私は作った事がありませんので想像もつきませんでした。ダックに口で息を入れ膨らませて吊るすとかなんとか。そこから3日間乾燥させて。。。そこを何とか~、と交渉中ですがなかなか本格的な物は難しいとの事。なので7月の明日のレッスンには間に合いませんでしたが、何らかの形でお願いしようと只今相談中です。

(こーゆー事ですよね。)

明日のレッスンは代わりに、干し肉の作り方を入れてもらえました。2週間干す・・・いわゆる中国版ジャーキー。これを使って季節の青菜と麺とを和える、夏にオススメのメニューの様です。シェフの事だから代替品の提案もあると思いますので、安心してレッスンに参加してくださいね(^^)

まだあきらめていません、あきらめきれないですね(*‘ω‘ *)世界の料理、奥深し。

今日も絶賛、食パンを焼いています。まだ飽きずに食パンの配合を研究中なんです。納得の味と配合が見つかるのはいつの事だか・・・気長に楽しむ料理、これは趣味の分野かな。

もうすぐ焼きあがりだ!!


2018-07-09 | Posted in Blog【日々のこと】No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA